カテゴリー別アーカイブ: チラシの裏

ここのサーバーを調整しました

ここのサーバーはさくらのVPS上でUbuntu 14.04を動かしています。
いくつか問題があったので調整してみました。

nginx+fastcgi+php構成に変更

これまでWordPressのパーマネントの関係で、このブログでは
nginxからリバースプロキシでApacheにリクエストを投げるという無駄なことをしていました。

そこで今回ようやくnginx+fastcgi+php 構成に変更しました。

1. fastcgiのインストール

Ubuntuでは以下のコマンドでインストールします

sudo apt-get install php5-fpm

2. nginxの設定

nginxの設定は以下を参考にさせてもらいました。
nginx+php+fastcgiでwordpressを動かしてみた – polidog lab++
変えているところはfastcgi_passの設定で、UNIXソケットでやりとりするようにしています。

WordPress上でSuperCacheプラグインを使用しているので
http://wiki.dreamhost.com/Nginx#WordPress
を参考にキャッシュが有効になるようにしました。

server {
        listen  80;
        server_name diary.carme-ln.net;
        -- 中略 ---
        location / {
                index index.php index.html index.htm;
                root [path];
 
                if (-f $request_filename) {
                        break;
                }
 
                set $supercache_file '';
                set $supercache_uri $request_uri;
 
                if ($request_method = POST) {
                        set $supercache_uri '';
                }
 
                # Using pretty permalinks, so bypass the cache for any query string
                if ($query_string) {
                        set $supercache_uri '';
                }
 
                if ($http_cookie ~* "comment_author_|wordpress|wp-postpass_" ) {
                        set $supercache_uri '';
                }
 
                # if we haven't bypassed the cache, specify our supercache file
                if ($supercache_uri ~ ^(.+)$) {
                        set $supercache_file /wp-content/cache/supercache/$http_host$1/index.html;
                }
 
                # only rewrite to the supercache file if it actually exists
                if (-f $document_root$supercache_file) {
                        rewrite ^(.*)$ $supercache_file break;
                }
 
                # all other requests go to Wordpress
                if (!-e $request_filename) {
                        rewrite ^.*$ /index.php last;
                }
        }
 
        location ~\.php$ {
                root [path];
                fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
                fastcgi_index  index.php;
                fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
                include        fastcgi_params;
        }
}

無事に表示できているようなのでApacheを起動しないようにします

sudo update-rc.d -f apache2 remove

Apacheを止めたのでサーバーのメモリ使用量を減らすことが出来ました。めでたし。

サーバーの起動が遅い問題

サーバーを再起動した時に起動がやたら長い問題が出ていました。
さくらのVPSのコンソールから起動の様子を観察していると
“Waiting up to 60 more seconds for network configuration…”
と表示されており調べてみると、
どうやらネットワーク設定に問題があってフェイルセーフでウエイトが掛かっていたようです。

/etc/network/interfacesを見て見るとネットワーク設定を読み込む時にethtoolが呼ばれています。

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback
 
# The primary network interface
auto eth0
iface eth0 inet static
        address xxx.xxx.xxx.xxx
        netmask xxx.xxx.xxx.xxx
        gateway xxx.xxx.xxx.xxx
        dns-nameservers xxx.xxx.xxx.xxx,xxx.xxx.xxx.xxx
post-up /usr/sbin/ethtool -K eth0 tso off

ethtoolのパスを調べてみると/usr/sbinではなく/sbinにありました。
サーバーをアップグレードした際にethtoolのパスが変わって、スクリプトが走らないため起動に時間が掛かっていたようです。
/sbin/ethtool に変更してあげると起動が遅い問題は解消しました

画像の表示などが遅い

起動時にethtoolで設定されるTSOの無効化が有効になっていないせいでした。

post-up /sbin/ethtool -K eth0 tso off

さくらのVPSではこれを入れないと通信が遅くなるみたいです。
このVPSサーバーは初期のVPSマシンなので、最新のサーバーではどうなっているかは分からないです。

MavericksのUSBブートディスクを作る

OS X 10.9ことMavericksがリリースされました。
App Storeから無料でダウンロードできるのですが、
複数のMacを持っている方はその都度ダウンロードするのは面倒です。

mavericks_installer

他の記事では、Mavericksのインストーラー内のイメージをディスクユーティリティから書き込む方法が紹介されていますが、今回はインストーラー内に用意された書き込みツールを使用した方法を紹介します。
続きを読む

ubuntuのパッケージ管理で最新のgitを使う

新年最初の投稿は新年の挨拶ではなくTipsから

git 1.7.10以降では設定の外部読みこみが出来るのだがubuntu 12.04だと古いバージョンで利用できない
そこでubuntuのgitを更新してみた

パッケージ管理させたいのでソースコードからインストールするのではなく、ppaを利用した。
以下のコマンドで更新できた。

$ sudo apt-add-repository ppa:git-core/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

引数なしでpushしようとすると警告が出るので、デフォルトの挙動を設定
$ git config --global push.default simple

これでuserやgithubの設定を分離できるのでgithubにgitconfigを置いても問題ない

[参考]
Git stable releases : “Ubuntu Git Maintainers” team
引数なしのgit pushは危険なので気をつけましょう – DQNEO起業日記
.gitconfig に include で設定を読み込めるようになった – TMD45INC!!!

Firefoxの動作が重いのが改善した?

Google Readerでフィールドを消化しているとき、
多数のタブをどんどん開いていくととてつもなく動作が重くなっていた。
そこで今回、以下の設定を削除してみた

browser.cache.memory.capacity=-1
この設定を削除したところ快適に動作するようになった(気がする)

これはFirefox3.6の頃に設定したチューニングでメモリキャッシュの量をメモリサイズに応じて変更するようにしていた。
Firefox11になってメモリの扱いがだいぶ変わっているのでこの設定はもう古いのかもしれない。

WordPressの設定を変えてみた

WordPressのプラグイン周りを見直してみた。
参考にしたのは以下のサイト
2011年版!絶対にインストールしたいWordPressプラグイン45個 | Vanilla Stone

1.WPtouchでスマートフォン向け対応
プラグイン側で一発対応してくれるのはありがたい。デフォルトの設定だとメールアドレスが晒されてしまうので表示しないように変更

2.Akismetを有効化
スパムコメントがいっぱい来ていたのでAPIキーを取得してAkismetを有効化
以前はwordpress.comでもAPIキーを取得できたようだけど出来なくなっていたので、Akismet.comから取得

3.Revision Controlで無駄なリビジョンを生成しないようにした
DBを圧迫してしまうので保存数の上限を設定した

4.WP-SuperCacheからQuick Cacheに変更
キャッシュが無いと8Req/secとひどい事になるので入れる
入れるだけで620Req/secと劇的高速化
設定がシンプルなのがいい

他にもいろいろ弄ったけど割愛。
nginxのプロキシキャッシュをいい加減設定しましょう

SSHの接続が遅いのを修正した

家のネットワーク内にDNSキャッシュサーバーとSambaサーバー、その他ゴニョゴニョしたものを運用しています。
ただ、そのマシンにSSHで繋ぐときにやたら時間がかかっていましたが、一応繋がるので放置していました。

それが今回、VMのsshd_configを設定していたときに
SSHD_CONFIG(5)を見ていたらUseDNSという設定項目が目に入った。
どうやらデフォルトだと接続元の逆引きを行なっている模様。

LAN内のマシンからのアクセスなのでおそらく逆引きに失敗してるのだろうとあたりをつけて
逆引きしないようにしたところ、接続時間が劇的に改善しました。

Googleで「SSH 遅い」などで調べてみると、同じような内容がいっぱいヒット。
よくあるTipsだったようです。

マニュアルは大事だね!

nginxを導入してました

2ヶ月ほど前からこのサーバーにnginxを導入してました。
理由の1つはnode.jsやtomcatなどでアプリケーションサーバーを立てる際のフロントエンドにするためです。
もう1つはWordPress(このサイト)のプロキシキャッシュを実現するためです。

構成
www.carme-ln.netはnginxにまかせて、
diary.carme-ln.netはnginxのリバースプロキシでApache+PHPにリクエストを投げてます。

ngnix+FastCGIで構成しているところが多いのですが、
WordPressの設定を変えるのが面倒なのと試したところルーティングがおかしくなってしまったのでこの構成です。

はまったところ
Apache側のアクセスログがサーバーのローカルループバックのアドレスになってしまう点。
nginxの設定に問題があると思ってひたすらproxy_paramsをいじって悩んでました。
が、いろいろ調べているとApache側にmod_rpafを入れることで解決。
Apache側にもIPのログが正しく出力出来るようになりました。

今後について
あとはプロキシキャッシュの設定ですが、これはまた今度に。
あんまりアクセスがないのでWP Super Cacheで今のところ十分だと思ってます。
貧弱サーバーなのでApache.confの設定も変えて以下のような設定にしてみました。

StartServers 3
MinSpareServers 3
MaxSpareServers 6
MaxClients 50
MaxRequestsPerChild 1000