pkg(またはPorts)でBINDを使う時に気をつけること

FreeBSD8.4とFreeBSD9.2で最新のBINDをpkgで導入するときに気をつける点があるのでメモ

pkgだとportsに比べてコンパイルしなくてもよいので手軽にインストールできます。

# pkg install bind99
# echo "named_enable=\"yes\"" >> /etc/rc.conf
# /etc/rc.d/named start

これだけだとシステムデフォルトのBINDが動いてしまいます。
pkgでインストールしたBINDにするには以下の設定をする必要があります。

# echo "named_program=\"/usr/local/sbin/named\"" >> /etc/rc.conf

ただし、これだけではエラーが出るので起動しません。
chroot環境の/usr/local/etcにBINDの設定ファイルを置く必要があります。

# mkdir -p /var/named/usr/local/etc
# ln -s /etc/namedb/named.conf /var/named/usr/local/etc/
# ln -s /etc/namedb/rndc.key /var/named/usr/local/etc/

これでpkg(またはports)でインストールしたBINDで起動できます。

/var/log/messageで正しく起動しているかを確認しておきましょう。

$ less /var/log/messages
Jul 12 xx:xx:xx gw named[xx]: starting BIND 9.9.5 -t /var/named -u bind
Jul 12 xx:xx:xx gw named[xx]: built with '--localstatedir=/var' '--disable-linux-caps' ...
Jul 12 xx:xx:xx gw named[xx]: ----------------------------------------------------
Jul 12 xx:xx:xx gw named[xx]: BIND 9 is maintained by Internet Systems Consortium,
Jul 12 xx:xx:xx gw named[xx]: Inc. (ISC), a non-profit 501(c)(3) public-benefit
Jul 12 xx:xx:xx gw named[xx]: corporation.  Support and training for BIND 9 are
Jul 12 xx:xx:xx gw named[xx]: available at https://www.isc.org/support
Jul 12 xx:xx:xx gw named[xx]: ----------------------------------------------------
Jul 12 xx:xx:xx gw named[xx]: command channel listening on 127.0.0.1#953
Jul 12 xx:xx:xx gw named[xx]: command channel listening on ::1#953
Jul 12 xx:xx:xx gw named[xx]: all zones loaded
Jul 12 xx:xx:xx gw named[xx]: running

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*