ここのサーバーを調整しました

ここのサーバーはさくらのVPS上でUbuntu 14.04を動かしています。
いくつか問題があったので調整してみました。

nginx+fastcgi+php構成に変更

これまでWordPressのパーマネントの関係で、このブログでは
nginxからリバースプロキシでApacheにリクエストを投げるという無駄なことをしていました。

そこで今回ようやくnginx+fastcgi+php 構成に変更しました。

1. fastcgiのインストール

Ubuntuでは以下のコマンドでインストールします

sudo apt-get install php5-fpm

2. nginxの設定

nginxの設定は以下を参考にさせてもらいました。
nginx+php+fastcgiでwordpressを動かしてみた – polidog lab++
変えているところはfastcgi_passの設定で、UNIXソケットでやりとりするようにしています。

WordPress上でSuperCacheプラグインを使用しているので
http://wiki.dreamhost.com/Nginx#WordPress
を参考にキャッシュが有効になるようにしました。

server {
        listen  80;
        server_name diary.carme-ln.net;
        -- 中略 ---
        location / {
                index index.php index.html index.htm;
                root [path];
 
                if (-f $request_filename) {
                        break;
                }
 
                set $supercache_file '';
                set $supercache_uri $request_uri;
 
                if ($request_method = POST) {
                        set $supercache_uri '';
                }
 
                # Using pretty permalinks, so bypass the cache for any query string
                if ($query_string) {
                        set $supercache_uri '';
                }
 
                if ($http_cookie ~* "comment_author_|wordpress|wp-postpass_" ) {
                        set $supercache_uri '';
                }
 
                # if we haven't bypassed the cache, specify our supercache file
                if ($supercache_uri ~ ^(.+)$) {
                        set $supercache_file /wp-content/cache/supercache/$http_host$1/index.html;
                }
 
                # only rewrite to the supercache file if it actually exists
                if (-f $document_root$supercache_file) {
                        rewrite ^(.*)$ $supercache_file break;
                }
 
                # all other requests go to Wordpress
                if (!-e $request_filename) {
                        rewrite ^.*$ /index.php last;
                }
        }
 
        location ~\.php$ {
                root [path];
                fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
                fastcgi_index  index.php;
                fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
                include        fastcgi_params;
        }
}

無事に表示できているようなのでApacheを起動しないようにします

sudo update-rc.d -f apache2 remove

Apacheを止めたのでサーバーのメモリ使用量を減らすことが出来ました。めでたし。

サーバーの起動が遅い問題

サーバーを再起動した時に起動がやたら長い問題が出ていました。
さくらのVPSのコンソールから起動の様子を観察していると
“Waiting up to 60 more seconds for network configuration…”
と表示されており調べてみると、
どうやらネットワーク設定に問題があってフェイルセーフでウエイトが掛かっていたようです。

/etc/network/interfacesを見て見るとネットワーク設定を読み込む時にethtoolが呼ばれています。

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback
 
# The primary network interface
auto eth0
iface eth0 inet static
        address xxx.xxx.xxx.xxx
        netmask xxx.xxx.xxx.xxx
        gateway xxx.xxx.xxx.xxx
        dns-nameservers xxx.xxx.xxx.xxx,xxx.xxx.xxx.xxx
post-up /usr/sbin/ethtool -K eth0 tso off

ethtoolのパスを調べてみると/usr/sbinではなく/sbinにありました。
サーバーをアップグレードした際にethtoolのパスが変わって、スクリプトが走らないため起動に時間が掛かっていたようです。
/sbin/ethtool に変更してあげると起動が遅い問題は解消しました

画像の表示などが遅い

起動時にethtoolで設定されるTSOの無効化が有効になっていないせいでした。

post-up /sbin/ethtool -K eth0 tso off

さくらのVPSではこれを入れないと通信が遅くなるみたいです。
このVPSサーバーは初期のVPSマシンなので、最新のサーバーではどうなっているかは分からないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*