VAIO SBをリカバリしてWindows7→8→8.1にする時のメモ

再度リカバリした時のためのメモ
機種によって異なる部分があると思うのであまりアテにしない方がよいです。
私の使っている機種はVPCSB1AFJです。だいぶガタきているけどまだ戦っていく。

1. 「高度なリカバリ」でリカバリする

リカバリディスクで起動後に高度なリカバリを選択して、Cドライブのみリカバリする。
ストレージを完全に初期化する場合もCドライブに100GBを割り当てて残りをDドライブにする。
そして、リカバリパーティションを削るオプションを入れる。10GBほど確保できる。

2. Windows7のセットアップでWindows Updateを無効する

勝手にドライバーアップデートやらパッチ適用をさせない

3. 不要なアプリケーションを削る

デフォルトでインストールされるアプリケーションを無慈悲にアンインストールする。
システム復元を無効化しておくとよい。

4. VAIO Update for Windows8を入れる

Windows8をインストールするための準備をいろいろしてくれる。

5. Windows8インストール前に以下のアプリケーションを削除する

Windows8のインストーラーに怒られるのであらかじめ消しておく

  • タッチパッドドライバー
  • Wi-Fiドライバー
  • Bluetoothドライバー

6. Windows8のインストール

Windows8のISOがあるので中身を展開してインストールする。

7. Windows8のセットアップ時にWindowsUpdateを無効にする

Windows Updateを無効にする(重要)
ドライバーの自動インストールを無効にする(最重要)
↑これをしないとVAIOドライバーより先にマイクロソフトドライバーがインストールされて詰む。

8. VAIO Updateを進める

専用ドライバーや管理ソフトウェアをインストール
VAIO Image Optimizerはいらないのでインストールしない

9. Windows8.1用のパッチをインストール

インストール方法ではWindows Updateを全て適用とあるが、これをやると必ずインストールに失敗して無限再起動状態になるので必要なものだけを入れる。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/why-can-t-find-update-store
ここにあるようにKB2871389KB2917499だけを入れる。

10. 新しくアカウントでWindowsストアを起動する

なぜか、Windows7から引き継いだアカウントでWindowsストアを起動すると「インターネットに接続されていません」というエラーでストアが機能しない。
そのときは新しく管理者アカウントを作成してその上でストアからWindows8.1をインストールさせる。

11. Windows8.1をインストール

ダウンロードとインストールをひたすら待つ

12. Windows8.1初回起動時

Windows Updateは無効化しなくてもよい。ドライバーの自動インストールだけ無効化する。

13. VAIO Updateを実行

Windows8.1用のドライバーやらアップデートをインストール

14. Windows Updateを実行

ストアからインストールしたWindows8.1は最初からWindows8.1 Updateになっている。残りのパッチもインストールする。

備考

VAIOのAMD GPUドライバーは出来が良くないのでマイクロソフトドライバーをインストールした方がいいかも。
VAIOのGPUドライバーはCCCがよく落ちる、FirefoxがGPUを使ってくれない、etc…だったりする。

2014年10月になっても未だにBluetoothドライバーをリリースしてくれるVAIOさん流石です…
GPUドライバーも更新して欲しいな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*