Ubuntu11.10で日本語表示を改善する

Ubuntu11.10の本家版だと日本語フォントが非常に残念な感じなので改善してみました。

Ubuntu Japanese Teamから日本語環境のリポジトリが提供されているのでこれに書かれている方法で日本語環境を構築します。

f:id:carme-264pp:20111104014403p:image:w360

本家版のUbuntu:日本語フォントがジャギーで汚い

設定手順

1.Ubuntuボタンから端末を起動します

Ubuntuボタンを押して検索フォームに「端末」と入力するとすぐに探すことができます。

f:id:carme-264pp:20111104012742p:image

2.パッケージレポジトリを追加する

以下のコマンドを実行してJapan Teamのパッケージリポジトリを追加します。

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/oneiric.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update

3.日本語パッケージのインストール

以下のコマンドを実行してJapan Teamが提供しているパッケージとフォントを追加します。

sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/fonts.conf.d/oneiric-69-language-selector-ja-jp.conf -O /etc/fonts/conf.avail/69-language-selector-ja-jp.conf
sudo fontconfig-voodoo -s ja_JP

これで再起動するとアンチエイリアスの効いたフォントに変わります。

f:id:carme-264pp:20111104014843p:image:w360

フォントが綺麗になっている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください