iOS5ではcanvas要素のハードウェアアクセラレーションが有効になっている

iOS 5のSafariに投入された新機能まとめ | エンタープライズ | マイコミジャーナル

Safari on iOS 5, HTML5 evolution for iPhone and iPad | Mobile Web Programming

ここによるとCanvas要素にハードウェアアクセラレーションが有効になっているとのこと。

試しにFishIE Tankを実行してみました。

FPSが30程出ていてアクセラレーションが効くようになっていました。

f:id:carme-264pp:20111025213529p:image:w360

検証する端末がないのですが、iOS4.xではFPSが10も出ていなかった気がします。

ハードウェアアクセラレーション以外にもWebWorkerAPIや新しいinput要素、

XMLHttpRequest2、コンパス利用など様々な新機能が追加されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください